please_hitme

無慈悲!無慈悲!

その話聞いてないぜ

「聞いてない! 聞いてないよ!」ってなるよね。

 

・誰かに質問をしていて「あれ...これ私の投げかけた質問と違う...?」という時がある。あるよね。ない?
 加えて、自分もそういうことをしてしまったりする時、あるよね。ない?

 例えば、人が投げた言葉の裏を考えてしまう人、もしくは、「自分の行動を言い訳したい&こう見られたい」という欲望が強い人は、相手に投げかけられた質問から曲解し、「自分を傷つける為に相手はこの質問をしたんだ」と思ったり、過去の自分の行動を弁解しようとしたり、自分の考えている思考を相手に知ってほしいが故に質問とは違うことを答えてしまう、みたいなことがあったりする。
 加えて、そういう時は大概、「私今あなたの質問を曲解しようとしてます」って気づかない場合が多い。

 

・「聞かれたことに聞かれたことだけ返す」、同時に「相手に聞いたことだけ回答してもらうように質問する」というのがいかに難しいか、実感する時がある。
 自分の考えていることを正確に受け取って欲しい、と思うのは至極当たり前のことなのだろう。且つ、自分の考えを相手に共有出来る機会、最近考えたことを相手に話せる機会、「あっそれ最近考えてた!」って会話の最中に思うことはそうそう無い。だったらそうなっちゃうのは当然かもな、と思ったりする。
 人は見たいように見るものだし、受け取りたいように受け取るものだったりする。投げかけられた質問を、自分のフィルターに通して、自分の思考をバイパスして通した結果、相手の求めていたものとは全然別なものになったりする。それを相手が面白がってくれればいいけど、大抵の場合相手を戸惑わせてしまう場合が多い。言い方を変えれば、面倒くさいとか、会話がつながらないとか、面白くない、とかになっちゃう。きっつー。

 

・しかし、稀に「えっ?! なんであなた聞かれたことにしか答えないの?!」と思う時がある。
 思考はめちゃめちゃに面白いのに、自分の考えを相手に伝えたいという欲が無い人。
 そういうところが魅力足り得るのだろうけど。逆にいえば、思考を出し続けたらその人の面白さは枯渇してしまうのだろうけど。
 否、枯渇しきっちゃう、と思いたいだけかもしれない。

 

・誰かから投げられた質問に回答しようとして、自分の話したかったことを話してしまう時、なくしたいよねー。やられたら「あー。始まった!」って思う。せめて「それ聞いて最近考えたこと思い出したんだけど」とかいうワンクッションが欲しい。「私は今あなたの質問に対して答えませんよ」ってことを明確に記してほしい。

 

・この人会話上手いなーって思う人、大体普通の会話してる。大抵積み重ねた人生だけで面白いものだよな。
 出来事として、思考としてそこまで面白くないことを、普通に話すって、それだけで結構面白いんだな。
 って最近思った。文章を書く場所は大事だったりするな。って最近思った。