please_hitme

無慈悲!無慈悲!

私は君のことを知らない

「いくら経験しても、解釈でしかないのだろうな」と思う。

 

・生活を積み重ねると「あぁ、今この人は私の過去のこの感情に似ているのかな」とか思ったりする。前に感じた感情を、相手に当てはめて考えたりする。感情の共有ってやつ。「分かる〜」のやつ。

 感情を相手に当てはめて考えると、人との繋がりが感じられたりする。色々な感情を経験していた方が、そういった意味でも相手に対しての解釈がしやすくなる。視野は狭くなったり広くなったりするけれど。「私の感情簡単に理解しようと思ってんじゃないわよ!」的なこと。しちゃうよねー。

 

・感情を経験すると同時に、行為の経験をすることで生活に差し色が加えられる時がある。

 「君の手首の匂いを嗅ぎたい」みたいな歌詞を読んだ。「なんで手首なんだろうな」って思ってたけど、あれは香水の匂いなんだな。最近香水に接する機会があって、始めてわかった。

 加えて言うと、手首の匂いを嗅いでいる「私」は「手首の匂い=香水」と認識していなさそうだな。「私」と「君」側で経験に差がありそうなことを感じて、めちゃくちゃ切なくなってしまうな。

 創作物に触れていると、割と香水を使う人が出てくるのだな、と思ったりする。この人は何を積み重ねて、香水を自分の体につけるようになったのだろうな。

 

・「この人は何を積み重ねてきたのだろう」という人がいる。
 自分と違う行為の経験をしていたり、自分の経験してきた感情とは別レイヤーの感情を持っていそうな人がいる。

 自分も相手も違う人間なのだから、人とわかりあえる時なんてそうそうないのは分かっているけれど、でも同時に、触れ合っちゃうように感じちゃう一瞬があったりする。
 でも、自分と同じような行為の経験をしても、抱く感情が違う時がある。事実。

 

・自分だけがコミュニケーションの齟齬を感じる時、相手だけが感じる時、両者が感じる時、多々あるだろうけれど、何よりも「感じてほしかった時に感じられなかった」時が一番切ないよな。「私は君のことを知らないんだ」って改めて感じちゃうというか、「分かっている」と思っていただけの自分に気づくというか。驕りとか、エゴとか、色んな事に気づいちゃう時があったりする。

 

 あと、コミュニケーションの齟齬は双方の責任なのに、謝りたくなっちゃう時あるよな。相手がちょっと乱暴になった時とか。

 その感情は、分かり合えない他人の感情の中でも結構分かる気がするよ。「乱暴にさせてごめんな」みたいなこと思うよな。

 あと、「多分乱暴な自分嫌いなのに、私との会話でその乱暴を出してしまってごめんな」と謝りたくなってしまうよな。君は私のことを知らないんだ。

 この感情、多分相手は知らないのだろうな、でも言ったら野暮になるよな。世の中には野暮なことが多いよな。

 

P.S.この曲です!! 「午後」は上半期ベスト1です!!
https://www.youtube.com/watch?v=tflBLxwCWb8