please_hitme

無慈悲!無慈悲!

積み重ねたから戻れない

過去が自分を支えると同時に、足を引っ張ることもある

 

・「キャラ」ってあると思うんですよ。「自分はこういう人間だ」と示すための態度というか。それが「素かペルソナか」問題は多々あれど、多かれ少なかれ比較的多くの人があると思うんです。加えていうと、ペルソナが無い人はすごい。(その人にも別で考えてることがあるのかもしれないけれど、すごいなーと感じてしまうよね。「相手に好かれたい」とか「人間関係を崩したくない」「人間関係を円滑にしたい」とかがペルソナを使うときの分かりやすい理由だったりするけど、それに重きを置いてない人は、その人の人間性は度外視してもすごい、と感じてしまう。加えて言うと、ペルソナの使い方がすごく適切な人が稀にいたりする。そういう人はただただ驚くし、めちゃめちゃ羨ましい、と思う)

 それ以上に自分の言動や行動が今、素かペルソナかがわからなくなってたりするとき、ありません?

 

 相手につけてしまった自分という印象故に、そこから逃れることが出来ず、その自分をさらに積み重ねてしまう。途中で「あれ、私このキャラ設定ミスった...?」と気づくが、時すでに遅し。修正するには長い時間が必要だったり。相手の思考回路によっては修復不可能だったり。オーマイ!

 

・人から見た印象は、積み重ねてしまうものであったりする。今まで出してた言動行動とは違うキャラを相手に出してしまうと相手は戸惑ったりする。戸惑うだけならいいのだけれど、相手の思考の枠組みから外れるとあまりいいことにはならないのが定石だったりする。そうやって考えると、ちょっとずつ修正しようにも大変になる。大変だ!
 積み重ねてしまったがゆえに逃れられないものが多々ある。これは前のブログでも書いた気がする。その業を背負って生活するのか、一回リセットするのか、それとも違うルートを探るのか。諸々選択肢はあれど、生活が進んでいくことには変わりなかったりする。

 

・先日社長と話した。「社長という権限を用いて、会社を変えるのは怖くないですか?」と質問したら、「僕は変えない方が怖い」と話していた。この人にしか見えない世界があるのだろうな、と思った。同時に積み重ねてきたからこそ、逃げられないことや、指揮をとらなくてはいけないことがあるのだな、と漠然と感じた。お金を稼いでいる、社員の生活を担っている、色々な人の考え方を背負っている、色んな業を背負っているのだな。同時に、「力を持ったら、考えなくてはいけないことが増えるな」と思った。
 「適切や程々がいい」というが、大きな力を持つことで、業を背負ってくれている人がいたりする。わかりやすく言うと、上に立つ人は批判をされる。でも同時に、上に立てる者に人は群がったりする。

 

 何かを積み重ねる、ということは、それを背負う、ということだったりする。
 自分が背負ってる自覚を持って積み重ねたものは、自分がどういったものを背負うか想像をつけているだろうが、気づいたら積み重ねてしまっているものは、その人に対してどのように働くのだろうな。途中から修正がしにくいものだったら、キツいだろうな。

 とすれば、修正がしやすい世の中になるのがいいのだろうか、そういう傾向になっているとは思うが、修正せざるをえない世の中になっているような気もする。簡単に人やものに対しての執着を捨てられる時代、というのも寂しい。
 なるべく自分が背負うものを認識した上で積み重ねていくのがいいのだろうな。戻れないことの方が多いのだから。

 

 だいぶ大きな枠組みで話したな。そのキャラ、継続して大丈夫?って話です。
 ただまぁ、それをしたことで得るものもあるよね。ただ失敗や、それに伴う修正は叩かれないでほしいな。広義で言う!!!